ベースボールキャップの定番はやっぱり無地!

休日、草野球で汗を流す方も多いです。ベースボールキャップといえば、ユニフォームの一部としてだけではなく、運動による体温上昇に加えて日差しの暑さを避ける為にも必要です。様々なベースボールキャップの種類がありますが、無地のものが一番の定番でしょう。

派手にならない服装で野球に集中させる

野球をやる上で、服装で気を付ける事は動きやすさと保護性が中心です。しかし、ここで少し頭に入れて欲しいことがあります。それは服装を落ち着いた色にして頂くことです。プロの野球選手でも、集中したい為にグローブを青くする選手やチームがあります。同様に休日の息抜きの草野球でも、怪我防止の為に、派手なベースボールキャップよりも、無地で集中できるものをかぶって、集中力を高める方が良いでしょう。

普段使い出来るあわせやすい無地が無難

草野球の目的だけでベースボールキャップを購入するのに抵抗がある方もいらっしゃることと思います。そんな方はアクセサリーという意味合いを含めて購入してみてはいかがでしょうか。普段から使うのであれば、「モッタイナイ」という気持ちも軽減する事と思います。また、カジュアルな服装にベースボールキャップを取り入れている方は多いです。ファッションと兼用するので、模様の無い無地の方が合わせやすいので、おすすめですね。

目立たせない様にする活用術

寝坊した、遅刻しそう、寝グセがある。こんな時に時短の活用術があります。帽子をかぶって寝グセを隠してしまえば良いのです。帽子を付けていてはいけないという職場であれば、帽子の締め付けを高めて通勤します。そうすれば、会社に着く頃には寝グセも軽減されている事でしょう。まだまだ活用術があります。周りの方に自分を悟って欲しくない時、こんな時には無地で落ち着いたベースボールキャップが最適です。フルフェイスやマスクなどでは目立ってしまいますが、ベースボールキャップにはツバがあるので、自然と目元が隠す事が出来るのです。

まとめ

休日の草野球からファッションとしてのアクセサリー、そして意外な使い道があるなど、無地のベースボールキャップの魅力が十分に伝わったかと思います。男性の方はもちろんですが、女性の方でもストリートファッションのアクセサリーとして十分に活用出来るアイテムです。カジュアルに、機能的に、簡単に、頭を彩るアイテムはなかなかありません。一度、ベースボールキャップをご覧になってはいかがでしょうか。