大人にこそオススメ!ベースボールキャップのお洒落なかぶり方と使い道

帽子をかぶる機会は大人になってからも意外と日常的にあるものです。何か特別な事がなくても、普段のお洒落の一環としてかぶる方もいるので、いくつか季節などに応じて帽子を所持している人もいますよね。そんな中で多く選ばれるのは、ニット帽や秋冬ならロングブリムハットですが実はベースボールキャップも大人の着こなしにピッタリなアイテムだという事はあまり知られていません。

抜け感を出すならベースボールキャップ

とは言え大人の着こなしとして、やんちゃなイメージのあるベースボールキャップはどうなのだろうと思う人もいるかも知れませんが、上から下までかっちりときめるのではなく、あえて抜け感を出す事でお洒落上級者へと格上げしてくれるのが、ベースボールキャップなのです。

カジュアルになり過ぎない選び方

ベースボールキャップを選ぶ際に、ただ自分の好みなどだけで選んでしまうと本来のカジュアルな要素が強く出過ぎてしまい、大人の雰囲気とは程遠くなってしまいます。選ぶ時にはいくつかポイントがあるのですが、なるべくシックでクラシカルなタイプを選ぶと失敗しません。ポイントとしては、ブラックやブラウンにグレーなどの落ち着いている色合いを選ぶ事、ロゴなどは控えめの物で、シルエットもあまりごつ過ぎない物を選ぶと大人の雰囲気をキープしつつ、幅広いコーディネイトを楽しめます。

かぶり方にもお洒落になるポイントがある

基本的には自由にかぶっていいのですが、そうなるとお洒落とは言えないでしょう。かぶっている状態が出来上がる可能性もあるので注意です。例えばツバを前にしてかぶるなら深くても浅くてもどちらでも問題はなく、印象をシャープにしたいなら深めにかぶり明るく見せたいなら浅めにかぶれば、それぞれ希望のイメージを作り出せます。

まとめ

このようにキャップの選び方やかぶり方を工夫すれば、今までなんとなくヒップホップ感が出そうで苦手だと敬遠していた方も、特にローキャップであればそこまでの深さもなく、普段の自分のファッションを変える事なく、気軽にベースボールキャップを取り入れる事ができます。アウターを着るシーズンならジャケットでもダウンベストでも、その際に合わせるパンツはデニムでもスウェットでも何にでも合わせやすいので、今日はちょっと普段と変えていきたいという時に一度試してみる価値はありますよ。

続きを読む »