ファッションにベースボールキャップというコーディネートを!

ベースボールキャップは男性のカジュアルなファッションアクセサリーとして人気です。また、女性の間でも90年代のリバイバルとしてストリートファッションが見直されています。大人っぽさやガーリーな雰囲気に、ベースボールキャップのコーディネートを取り入れると、一気に「こなれ感」が出せますよ。

ベースボールキャップでこだわりたいところ

ベースボールキャップでこだわりたいのが、メーカーと素材です。メーカーはロゴやデザインに大きく影響を与えます。メーカーによるデザインの違いも面白いのですが、やはりブランドのロゴの威力は大きいです。次に素材も季節感を演出する上で重要になります。レザーやスエードなど、大人向けの素材は秋冬のイメージが一気に高まります。逆にメッシュやナイロンなどの合成素材ではスポーティで春夏のイメージが強くなります。

調整可能なベースボールキャップのツバ

ベースボールキャップのツバは曲げる事でイメージが変わります。輪郭に合わせて曲げる事で、小顔効果やカジュアルなやんちゃ感が出ます。逆に曲げない場合は、目深にかぶる事が出来て、大人っぽくミステリアスなイメージを出す事が出来ます。手でツバを曲げる事も出来ますが、輪ゴムやボールを使う事で滑らかなカーブを作ることも可能です。注意点は根元から曲げてしまうと、縫い目の部分から破れてしまうものもあるので気を付けましょう。

イメージが変わるベースボールキャップのかぶり方

かぶり方一つでイメージが変わるのがベースボールキャップの魅力の一つです。浅めにかぶるとカジュアルなイメージになります。また、丸顔の方は浅めというよりは、浮かすイメージでかぶると面長補正が加わります。逆に深くかぶる事で大人っぽく見えます。深めでかぶると帽子跡が付きやすくなるので、時間をおいて外すなど、気を配ると良いでしょう。活発なイメージを出したいならツバを後ろ向きにかぶるスタイルです。顔の表情が良く出るので、外出先では常に決め顔をキープしていたいです。

まとめ

いかがでしょうか。気軽なイメージなベースボールキャップですが、色々と工夫出来てしまいますね。アクセサリー感覚で付ける事が出来ますが、メイクする以外で小顔効果があったり、雰囲気を変えたり出来るので、貴重なファッションアイテムかと思います。それでいながら、暑さをしのぎ、頭を保護するという本来の機能もありますから、外出のお供に連れていくと良いでしょう。